育毛剤ランキング「徹底比較で効く育毛剤を教えます!」

MENU

【抜け毛の基礎知識】毛根の構造

毛母細胞 髪の毛の元となる部分が「毛母細胞」です。「毛乳頭」の周辺にあり、毛乳頭から栄養分や酸素などを受け取って、髪の毛を作り出します。
毛乳頭 髪の毛の根元部分にあり、血液が運んできた栄養素や酸素などを受ける部分です。受け取った栄養素などを、毛母細胞に受け渡す働きをしています。
毛包 皮膚内で髪の毛を包み込んでいる組織が「毛包」です。髪の毛を作り出す工場のようなイメージで、毛包を健全な状態に保つことがとても大切です。
毛球部 毛包の根元部分の、球状に膨らんだ部分を「毛球部」と呼びます。髪の毛を作り出すのに重要な「乳頭部」と「毛母細胞」などで構成されています。
毛幹 髪の毛の、皮膚から外に露出している部分が「毛幹」です。
毛孔 皮膚の表面の、毛(髪の毛など)が生えてくる孔(あな)が「毛孔」です。「毛孔」も同義語です。
皮脂腺 皮脂(アブラ)を分泌する部分が「皮脂腺」です。皮脂を分泌することで、毛孔の乾燥を防ぐ役割があります。
起毛筋 「起毛筋」が収縮することで、毛を立たせる役割があります。例えば、鳥肌が立っているときには、起毛筋が収縮しています。別名「立毛筋」とも言います。
アポクリン腺 汗をかく汗腺のひとつです。脇の下や性器周辺に多く存在し、ニオイ成分を多く含む汗をかきます。
エクリン腺 汗をかく汗腺のひとつです。アポクリン腺から出る汗とは異なり、ほとんどニオイを発しません。
表皮 生物の体の、最も外側に位置する皮膚が「表皮」です。
真皮 「表皮」のすぐ下の層を「真皮」と呼びます。
皮下組織 「真皮」よりも下の層が「皮下組織」です。主に脂肪細胞で構成されていて、血管などが配置されています。
角質 体表に存在する皮膚組織が「角質」です。乾燥を防ぐ働きがあります。


【効果】★★★★★ 【人気】★★★★★ 【費用】★★★★☆
話題の育毛成分「M-034」を贅沢に配合した育毛剤。さらに、AGAの根本原因となる5αリダクターゼを阻止する「オウゴンエキス」配合で、理想的な育毛効果を発揮します。

 




【効果】★★★★☆ 【人気】★★★★☆ 【費用】★★★★★
独自配合の「バイオポリリン酸」の働きで、頭皮だけでなく、頭皮の内側の毛乳頭までケアできる育毛剤です。新たに「センブリエキス」も配合され育毛効果がアップしました。

 




【効果】★★★★☆ 【人気】★★★☆☆ 【費用】★★★★☆
ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われる「キャピキシル」を配合したスカルプローション。これまでどの育毛剤も効かなかったあなたに試してみて欲しいです。

 



 

現実問題として、育毛剤は薄毛の症状によって相性があるので、使ってみないと分からないことも多いです。まずは人気のある育毛剤を3ヶ月程度試してみて、それを基準にいろいろ試してみるのが効率的なやり方ではないでしょうか。

熱血育毛君