育毛剤ランキング「徹底比較で効く育毛剤を教えます!」

MENU

【抜け毛の基礎知識】あなたの抜け毛の種類は?

 

抜け毛には、一般的な抜け毛と、
何らかの病的な抜け毛の2種類あります。

 

 

抜け毛には大きく分けて2種類ある!
  • 加齢などに伴う「一般的」な抜け毛
  • 何らかの「病気」が関連する抜け毛

 

 

一般的な抜け毛の場合は、、、

 

適切な頭皮ケアを行うことで
抜け毛の進行を抑えるこができます。

 

 

当サイトでご紹介する育毛剤を
試してみてください。

 

 

一方で・・・

 

 

何らかの病気が関連する
抜け毛の場合は、、、

 

医師による診察・治療を
受ける必要があります。

 

 

あなたの抜け毛はどのタイプ?

 

 

以下に、代表的な抜け毛の
症状などをまとめておきます。

 

 

抜け毛対策に取り組む前に、、、

 

あなたの抜け毛がどのタイプなのか
確認するようにしてください。

 

 

【1】

壮年性脱毛症
(男性型脱毛症)

症状と特徴
  • 最も一般的なタイプの抜け毛
  • 特に男性に多いが、女性も発症することがある
  • 「M字ハゲ」と「O字ハゲ」の2パターンに大別される
  • 男性の半数以上が壮年性脱毛症を発症する
  • 早い人は20歳代から抜け毛が始まることがある

 

原因
  • 加齢による毛根の細胞の劣化
  • 男性ホルモンの過剰分泌
  • 頭皮の血行不良
  • 遺伝
  • 日常生活のケアが不適切

 

治療・対策
  • 育毛剤の塗布
  • 頭皮を清潔に保つ
  • 食生活の改善
  • 睡眠時間の確保
  • ストレス発散
  • 禁煙
  • 禁酒
  • 内服薬治療(※男性ホルモン抑制薬)
  • 後頭部の毛を植毛

 

日常のケアを適切に行うことで、抜け毛の進行をおさえることが可能です。なるべく早く育毛剤を始めることをオススメします。

【2】

円形脱毛症

症状と特徴
  • 髪の毛が円形状に抜ける病気
  • 年齢や性別に関係なく発症する
  • まゆ毛や頭皮全体に脱毛が広がることもある
  • 原因が取り除かれると髪の毛が再生する
  • 症状が進み過ぎると再生しない場合もある

 

原因
  • ストレス
  • 遺伝
  • 免疫異常

 

治療・対策
  • 血行改善薬の服用
  • 抗アレルギー薬の服用
  • 患部へのステロイド薬の注射
  • 患部へのステロイド薬の塗布
  • 症状が軽い場合は自然治癒することもある

 

自然治癒することもありますが、症状が進行してしまう可能性も高いです。なるべく早めに、皮膚科を受診することをオススメします。

【3】

頭部白癬
(とうぶはくせん)

症状と特徴
  • 頭部がまだらに脱毛
  • 脱毛部が赤くなる
  • ふけが激しい
  • かゆみが強い
  • 放置すると脱毛が進行する

 

原因
  • 白癬菌(はくせんきん)の感染

 

治療・対策
  • 抗真菌薬の服用
  • 早期発見・早期治療が重要
  • タオルや枕を家族と共用しないこと
  • いっしょに生活する家族も治療が必要

 

自然治癒することはありません。薬による治療が必要なので、なるべく早めに皮膚科を受診してください。

【4】

粃糠性脱毛症
(ひこうせい)

症状と特徴
  • かなり大量のふけが出る
  • かゆみが強い
  • 頭皮環境が悪化により脱毛する

 

原因
  • 皮脂の分泌異常
  • 頭皮細胞の代謝異常
  • カビの一種が原因のケースもある

 

治療・対策
  • 患部にステロイド薬を塗布
  • 患部に抗真菌薬を塗布
  • ビタミンBの内服
  • 抗真菌薬ケトコナゾールのシャンプーで頭を洗う
  • 頭皮を清潔に保つ
  • 栄養バランスを考えた食事をとる
  • 休息を取り心身を休める

 

大量のふけをともなう抜け毛は、頭皮環境に何らかの病気をかかえている可能性が高いです。なるべく早めに、皮膚科を受診することをオススメします。

【5】

瘢痕性脱毛症
(はんこんせい)

症状と特徴
  • 何らかのトラブルにより毛包組織が破壊されて脱毛
  • 毛包組織が破壊された毛根からは髪は再生しない

 

原因
  • やけど
  • 感染症
  • 腫瘍
  • 何らかの皮膚病

 

治療・対策
  • 毛包組織が破壊される前に治療が必要
  • 原因となる頭皮のトラブルを治療
  • 脱毛部位を縫い合わせて目立たなくさせるなど

 

早めに治療できれば、髪の毛が再生できる可能性があります。頭皮の異常を感じたら、なるべく早めに皮膚科を受診してください。

【6】

抜毛症
(ばつもうしょう)

症状と特徴
  • 知らず知らずのうちに自分で髪の毛を引き抜く症状
  • 本人には自覚がないまま髪の毛を引き抜いてしまう
  • 子どもや思春期の女性に多い

 

原因
  • 精神的なストレス
  • 悩み
  • コンプレックス

 

治療・対策
  • 環境を変えてあげたり、何らかのサポートをしてあげるなど
  • 心の専門家による注意深い診察・治療が必要

 

髪の毛を引き抜いた箇所が炎症を起こしている場合などには、皮膚科を受診してください。抜毛症は、精神的なトラブルが根本原因ですので、精神科を受診することもご検討ください。



【効果】★★★★★ 【人気】★★★★★ 【費用】★★★★☆
話題の育毛成分「M-034」を贅沢に配合した育毛剤。さらに、AGAの根本原因となる5αリダクターゼを阻止する「オウゴンエキス」配合で、理想的な育毛効果を発揮します。

 




【効果】★★★★☆ 【人気】★★★★☆ 【費用】★★★★★
独自配合の「バイオポリリン酸」の働きで、頭皮だけでなく、頭皮の内側の毛乳頭までケアできる育毛剤です。新たに「センブリエキス」も配合され育毛効果がアップしました。

 




【効果】★★★★☆ 【人気】★★★☆☆ 【費用】★★★★☆
ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われる「キャピキシル」を配合したスカルプローション。これまでどの育毛剤も効かなかったあなたに試してみて欲しいです。

 



 

現実問題として、育毛剤は薄毛の症状によって相性があるので、使ってみないと分からないことも多いです。まずは人気のある育毛剤を3ヶ月程度試してみて、それを基準にいろいろ試してみるのが効率的なやり方ではないでしょうか。

熱血育毛君