【抜け毛の基礎知識4】M字ハゲの特徴と治療法

【抜け毛の基礎知識】M字ハゲの特徴と治療法

 

 

【1】M字ハゲの症状・特徴

 

おでこの髪の生え際が、しだいに後退していく症状です。男性に多いのが特徴で、男性ホルモンが影響しているという説の根拠になっています。

  • おでこの生え際の両サイドの髪の毛が抜ける
  • 生え際の形が「M」字型になってくる
  • 育毛効果が得られにくく、根気強い対策が必要

 

【2】M字ハゲの主な原因

 

M字ハゲは、男性に多い髪の抜け方で、男性ホルモンの影響が大きいと考えられています。また、頭皮が不潔であるなど、頭皮環境の悪化が、抜け毛を促進してしまうこともあります。

  • 男性ホルモンの過剰分泌(※遺伝など)
  • 血行が悪い(※毛根の栄養不足)
  • 頭皮が不潔(※毛根に皮脂などがたまっている)

 

【3】M字ハゲの治療・対策

 

頭皮を清潔に保つとともに、男性ホルモンを抑制する対策が求められます。最近では男性ホルモンを抑制する効果のある育毛剤がいろいろ販売されていますので、いくつか試してみて、自分に合った育毛剤を探すことをオススメします。

  • 頭皮を清潔にする(※育毛シャンプーなど)
  • 頭皮の血行をよくする(※マッサージ)
  • バランスのよい食事を心がける
  • 育毛剤を使用する(※男性ホルモン抑制など)

 

【4】M字ハゲについて総括

 

M字ハゲは、治療・対策に時間がかかるのが一般的です。というのも、毛根に栄養を与えるだけでは不十分で、男性ホルモンが出やすい「体質」を改善する必要があるからです。とにかく、根気強く継続する、メンタルの強さが求められます。

「育毛剤を根気強く続けるべし!」