【抜け毛の基礎知識6】抜け毛の進行のしかた

【抜け毛の基礎知識】抜け毛の進行のしかた

 

 

【ステップ1】脱毛前

 

症状・特徴

 

髪の毛にトラブルがない人でも、髪の毛は4〜6年周期で抜けてしまいます。その後、数週間〜数ヶ月の休止期があって、再び同じ毛孔から髪の毛が生えてきます。

 

正常な髪のデータ
  • 髪の本数・・・10万本程度(※成人)
  • 髪の抜ける本数・・・1日100本程度
  • 髪の生え変わる周期・・・4〜6年(※毛周期)

  ※一般的な数値です。
  ※条件によって誤差があります。

 

日常のケア

 

まだ抜け毛が気にならない状態なら、その状態が今後も続くように、しっかりケアしましょう。ポイントは、頭皮を清潔にするとともに、食事などの生活習慣を整えることです。

  • 頭皮を清潔に保ちましょう!
  • 生活習慣を整えましょう!
  • 予防的に育毛剤を使用することもオススメ!

 

【ステップ2】M字&O字の複合ハゲ

 

症状・特徴

 

抜け毛の初期は、M字ハゲとO字ハゲの2パターンに分かれることが多いです。しかし、ある程度抜け毛が進行してくると、M字ハゲとO字ハゲの複合タイプも珍しくありません。

  • 抜け毛の初期から対策することが大切!
  • 初期はM字ハゲかO字ハゲのどちらかが多い!
  • 進行するとM字ハゲとO字ハゲの複合タイプに!

 

日常のケア

 

この段階できちんとケアしておかないと、髪の毛をキープすることが難しくなってしまいます。育毛剤を毎日続けて、頭皮環境のケアと、毛根への栄養補給を心がけてください。

  • 洗浄力の強い育毛シャンプーを使いましょう!
  • 栄養バランスに気をつけた食事をしましょう!
  • 血行を悪くするタバコはなるべく控えましょう!
  • 育毛剤を毎日コツコツ続けましょう!

 

 

【ステップ3】前頭部〜頭頂部の脱毛

 

症状・特徴

 

抜け毛がある程度進行してしまった状態です。もし、毛根が死んでしまっているなら、髪の毛の再生は難しいと思われます。一度、AGA治療を行っている病院で、専門医に診断してもらうことをオススメします。

  • 休止期間が長引いた毛根の再生は難しい!
  • 産毛などが残っている場合は可能性はある!
  • AGA治療の専門医に診断してもらいましょう!

 

日常のケア

 

産毛が残っている場合は、その産毛をなんとかしてキープすることが大切です。毛根を痛めないように気をつけて、タオルなどでゴシゴシやらないようにしてください。育毛剤も負担にならない範囲で続けることをオススメします。

  • ゴシゴシこすらないようにしましょう!
  • ミストタイプの育毛剤が使いやすいです!
  • なるべく早く専門医に相談しましょう!

 

【ステップ4】頭部全体の脱毛

 

症状・特徴

 

抜け毛が進行してしまった最終的な状態です。頭髪の自力での再生は難しいため、育毛や発毛ではなく、カツラや植毛などの、別の方法で対応する必要があります。

  • 頭髪の自力再生はほぼ不可能
  • カツラや植毛などの別の対策になる