育毛剤ランキング「徹底比較で効く育毛剤を教えます!」

MENU

【育毛Q&A】育毛剤の副作用

育毛剤を使って副作用はないんでしょうか?

育毛剤には「医薬品」として販売されている商品と、「医薬部外品」として販売されている商品があります。一般に、「医薬部外品」は効き目がおだやかで、副作用のリスクは少ないです。一方で、「医薬品」については、体が過剰に反応してアレルギー反応などを引き起こすリスクも高まります。

 

医薬品

○:効果が出る確率が高い

×:副作用のリスクが高い

医師の指示に従って利用するのが原則

(ミノキシジル、フィナステリド内服)

医薬部外品(薬用)

△:効果の出方はおだやか

○:副作用はほとんどない

だれでも気軽に使える

 

お医者さん液体などを頭皮に付けるタイプの育毛剤の場合には、アレルギー反応や皮膚炎を起こすケースがまれにあります。具体的には、ひどいかゆみが出たり、頭皮が赤くなるなどです。

 

特に、医薬品の「ミノキシジル」が含まれている製品の場合は、そのような副作用のリスクがありますので、医師に相談して使用することをおすすめいたします。

 

その他、医薬品の「フィナステリド」が配合された内服薬の場合なども、胃のむかつきなどを生じるケースが稀にあるようです。

 

いずれの場合も、使用上の注意をよく読み、アレルギー等を生じた際の指示に従ってください。



【効果】★★★★★ 【人気】★★★★★ 【費用】★★★★☆
話題の育毛成分「M-034」を贅沢に配合した育毛剤。さらに、AGAの根本原因となる5αリダクターゼを阻止する「オウゴンエキス」配合で、理想的な育毛効果を発揮します。

 




【効果】★★★★☆ 【人気】★★★★☆ 【費用】★★★★★
独自配合の「バイオポリリン酸」の働きで、頭皮だけでなく、頭皮の内側の毛乳頭までケアできる育毛剤です。新たに「センブリエキス」も配合され育毛効果がアップしました。

 




【効果】★★★★☆ 【人気】★★★☆☆ 【費用】★★★★☆
ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われる「キャピキシル」を配合したスカルプローション。これまでどの育毛剤も効かなかったあなたに試してみて欲しいです。

 



 

現実問題として、育毛剤は薄毛の症状によって相性があるので、使ってみないと分からないことも多いです。まずは人気のある育毛剤を3ヶ月程度試してみて、それを基準にいろいろ試してみるのが効率的なやり方ではないでしょうか。

熱血育毛君